ワキガの手術について

ワキガの手術に関して

市販のデオドラントグッズやその他のワキガ防止法を試してみても満足な効果が得られないことがあります。

最終的には外科的処置であるワキガの手術を受けることを考えるのではないでしょうか。

そこでワキガの手術についてまとめてみました。

ワキガ手術のまとめ

ミラドライ

方法 

電磁波で汗腺を壊す。

費用 

保険が適用されないので30万後半から、50万程度の費用が必要となる。また保証が含まれると費用は高めになる。

メリット 

皮膚を切ることなく手術が出来る。

皮膚を切らないので見た目が悪くなりにくい。

手術を受けてから症状が落ち着くまで早く日常生活に復帰しやすい。

スケジュールの拘束が少なく、乱さずに済む。

デメリット 

保険が適用されないことから費用がかなり高い。

ミラドライが行える病院が数少ない。

腫れが起こりうる可能性がある。

剪除法(せんじょほう)

方法

医師が目視でワキガの原因となるアポクリン腺を確かめながら切除する。

費用

保険が適用された場合、費用が左右合わせて10万弱から行える。

自由診療であれば30万前半~40万。

メリット

費用が保険の使用により安く済む。

医師の目視でアポクリン腺が的確に取り除かれる。※アポクリン腺は目視でも確認可能であり、いくらの粒サイズと例えられる。

デメリット

皮膚を切開するので思い掛けないキズが残ってしまうケースがある。

術後痛みや違和感が落ち着かず、症状が残ってしまう。

医師の目視により行われるため医師の技量により効果がまちまちとなる。

手術が下手な医師だと取り残しがある恐れがあり根本的にワキガが解決されない。

ボトックス注入

方法

注射でボトックスを注入する。

多汗症治療や改善のために脇の下以外に額(おでこ)や手足の表裏にも行える。

費用

保険が適用されると5万弱、保険を適用させないと10万程度。※クリニックでバラつきがある

メリット

注射の痛みが少ないと言われている。

注射するのみなので日帰りも可能。腫れといったトラブルも起こりにくい。

デメリット

人により効果が現れにくい。効果が永久的ではなく、定期的に病院へと足を運ばなければならない。

何回も注射を受けるとなると費用が高く付く恐れがあり、予めミラドライや剪除法を行っていた方が費用が安く済む可能性がある。

ワキガ対策には効果があるものの再発することもある。※そもそもボトックス注入は本来多汗症改善のための方法である。

そのクリニックでは保険が使えるか使えないか

各手術法をまとめましたが、メリットデメリットを理解して医師と話し合い手術に臨みましょう。

保険についてですが医療機関により適用されるされないとまちまちです。

保険はワキガや多汗症の症状が『日常生活を送ることが困難、または難しい』場合に認められます。

ですから医師の判断に左右されることもあります。

自分では生活に支障を来すレベルのワキガと思っていても医師の診察次第ではそうではないと判断されてしまうかもしれません。

ワキガ消臭クリームのおすすめはこれ


【NOANDE】

ワキガの臭いを99.9%消臭してくれるクリームです。毎日の外出時や大事なデートの時などに手軽に塗っておきましょう。